2019年02月04日

renewal

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さてさて、2016年8月にスタートしたこのブログ、
3年目に入りました。そこで、HPの「ご挨拶」も、2度目の更新です。

以下の通り更新しています。

気づかれましたか?
確認していただけましたか?

 Kikukikuseminarマイクホームページにお運びいただきまして、
ありがとうございます。

 38年務めた三井ホームを退社してから、早2年あまりが経過いたしました。
この2年、私自身も学びを得ることができ、
ひとえに皆様のご支援の賜物と深く感謝する次第です。

 当初はセミナー講師「リフォーム営業(女性)いきいきアドバイザー」として、
社会で活躍する女性を応援したいと考えていました。
また、
これまで、「打合せ記録活用家」として、
彼女たちを対象とした「打合せ記録活用術」セミナーを継続し、
営業の基本動作を学んでいただいています。
ときには、セミナー終了後、その拠点においてOJT同行営業も展開してまいりました。

 私のVISIONは「働く女性が活躍し、
会社を明るくし、そして社会を明るくすること」でスタートしていますが、
現在も変わっておりません。

  他方、新築営業担当者にも対象者を広げています。
それが「打合せ記録マネジメント」セミナーです。
「打合せ記録」を
「信頼のアピールシート」にする差別化策をお伝えするようになりました。

 「打合せ記録活用術」「打合せ記録マネジメント」セミナーを、
新築営業担当者・リフォーム営業担当者を対象に、
3つの切り口(スキル・マネジメント・モチベーション)で整理し直しています。
それは、これまでの受講者アンケートからの学びです。

 さらに、「あなたの働き方改革コンサルタント」として
「人生を豊かにする働き方改革」セミナーを開催しています。
お客様から「いつもいきいきとしたあなただから、
この家づくりをお任せします」と言われる営業を目指しています。

とりわけ新築営業担当者としてのポイントは「主体性」です。
3か月にわたる、新築営業担当者密着「時間の使い方」調査研修での成果でもあります。

 住宅メーカーだけではなく、
地元ビルダー、外装系協力会社等からもお声がけをしていただいております。
安全大会での研修会、社内勉強会等もお手伝いさせていただいています。
 また、
昨年は、技能職(社員大工)と言われる皆さんと一緒に「仕事とは何か」研修を実施し、
さらに「モチベーション・アップ」策を一緒に考えてまいりました。

 「教えることは学ぶこと、学ぶために教える」ことをこれからも実行してまいります。
結果として皆さまのお役に立てると考えています。
 受講者の皆さまを変えること、
「わかる」ではなく「できる」を指針としてこれからも邁進いたします。

何か代わり映えしないですか?

これまでの「打合せ記録」の活用を、
パーソナルブランドコンサルタントとして、
現在の働き方改革に活かすことを考えています。

継続してまいります。

明日は、技能職研修の打合せが始まります。
どのようになるのでしょうか?
【その他の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 05:09| Comment(0) | その他

2019年02月03日

Motivation30

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、野間氏のモチベーションの話、そろそろ最終章ですね。

一瞬で情熱を創り出す技術として、
「セルフモチベーションマネジメント」を著した野間健司氏です。

最後の結びの言葉をご紹介しましょう。
「Walk on the right track!(正しき道を行こう!)」です。

昨日の復習です。

モチベーション・トレーニングを学ぶことは、
人生の意味を思い出すことなんです。
人生を浪費せず、真の目的のために人生を使うことができる。
悩みがなくなり、人生が楽になります。

それに、モチベーション・トレーングは、一人でもでき、
自分でモチベーションを
コントロールできるようになる。その実践がすなわち、
セルフモチベーション・マネジメントなわけです。

悩みから解放されたとき、他の人たちのことを思いやる余裕が生まれる。
自分以外の世界のために、何かをしなければと思うようになる。
思いが行動を創り出し、
同じ想いの人たちと出会い、その想いはさらに大きなものになっていく。

さらに野間氏は続けます。

愛を施された人は、その愛をまた誰かに施す。
人の善意とは、そうやって受け継がれていくのだ。
だから、われわれ一人ひとりが人生の意味を理解し、そして幸せになるのだ。

そして、

世界の中心は、われわれ一人ひとりなのだから、われわれ一人ひとりが良くなれば、
世界はより良いものになるのだから。

このように結ばれています。

モチベーション・マネジメント!

いかがでしたか?

プロローグを思い出します。
「人は快適な行動のみをとり続ける」というのが、
セルフ・モチベーション・マネジメントの基本的な考え方だ。
苦痛に耐えて、意志の力で長時間行動し続けられる人は多くない。
セルフモチベーション・マネジメントとは、
行動することに快感(快適な感情)を創り出し、
行動することの苦痛を減らすことで、
自然に行動できてしまう状態を創り出す技術なのだ。

このプロローグあっての結びの言葉なのです。

行動が結果をつくるのですが、
その時の思い・考え方・見方・視点等が大切ですね。

皆さんも十分にわかっていることですね。

モチベーション・マネジメントは、その際の感情をコントロールすることで、
行動できる自分を創ることだったのです。

朝日新聞出版での野間健司の著作からお伝えしてきました。
posted by 嘉藤 真弘 at 05:09| Comment(0) | その他

2019年02月02日

Motivation29

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、野間氏のモチベーションの話、そろそろ最終章ですね。

一瞬で情熱を創り出す技術として、
「セルフモチベーションマネジメント」を著した野間健司氏です。

現実問題、
社員のモチベーションをあげること、社員が幸せになることよりも、
組織の業績が優先という企業も少なくない。

仕事、会社は生計を得るためのもので、
顧客満足というのは、
利益を得るための手段に過ぎないと思っている企業も少なくない。

そこで、野間氏は、
「私は、社員の幸せと組織の業績は両立できる」ことを信じています。

「幸せな社員が、社会に幸せを提供することで、物心ともに豊かになれる」と
考えているのです。

皆さん!
「満足のピラミッド」覚えていますか?
顧客満足が高い企業は、社員満足が高い!???
三菱総研の資料(データ:私が大学生に発信したCSとESの資料)です。
いやいや、顧客満足が高く、業績の高い企業ほど、社員満足は高いものです。

つまりは、社員の満足度と組織の業績は両立できるはずなのです。


野間氏は続けます。
社員のモチベーションを高めることで、組織の業績を向上させるという課題に、
これからも挑戦し続けたいと思っていると!

モチベーション・トレーニングを学ぶことは、
人生の意味を思い出すことなんです。

正しく考えることが、心を楽にするのです。
posted by 嘉藤 真弘 at 05:07| Comment(0) | その他