2019年08月09日

Habits 5

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

再三ながら、習慣の三つの要素を伝えておきたいのです。

・知識(何をするか?なぜするか?)
・スキル(どうやってするか?)
・やる気(実行したい気持ち)

習慣を育成するには、
この
知識とスキルとやる気が必要なんですね。

習慣とするためには、
この三つの側面をすべて育成しないといけないのです。

今回
良いコミュニケーションの習慣を語る上で
もっと大切な考え方は?
習慣をつくる成長と変化のプロセスは、
上向きの螺旋状の循環であるということなんですね。

ここのところを
ぜひかみしめてください。

実際のコミュニケーションを通して、
良い習慣の成果を得られた時、

知識がアップ!?
スキルがアップ!?
やる気がアップ!?

これまでとは異なるコミュニケーションのありかたを
学んでいるはずなんですね。

このようにコミュニケーションをすすめるとうまくいく!?
このようなスキルでコミュニケーションをすることで理解し合える!?
そうするとさらに自分自身のやる気がアップしていく!?

プラスのスパイラルアップなんです。

成長の連続体
依存・自立・相互依存

つながりのない断片的な行動規範ではないのです。
それは正しい原則に基づいた順序立った、
極めて総合的な、
私たちの生活や人間関係の効果性を向上させるアプローチなのです。

次第に依存から自立へ、
そして、
自立から相互依存へ、

成長していくのです。

コミュニケーション!!!なんです。
ご理解いただけますか?

ひとつ事例を紹介しておきます。

皆さん!
営業の皆さん!

例えばですが、
打合せ記録を作成することの大切さを知っていますね(知識)。
実際にお客様のニーズを記録に残すことをしたとき(スキル)で、
お客様満足を得られたとき、
さらにご自身の成果(やる気)が出てくるのがわかるでしょう!

そして、
やる気がまたスキルを知識を磨くのです。
これがスパイラルなんです。

何か?
成長の連続体に似ています。
【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 02:07| Comment(0) | 働き方改革

2019年08月08日

Habits 4

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

再び、習慣の三つの要素を伝えておきたいものです。

・知識(何をするか?なぜするか?)
・スキル(どうやってするか?)
・やる気(実行したい気持ち)

習慣を育成するには、
この
知識とスキルとやる気が必要なんですね。

習慣とするためには、
この三つの側面をすべて育成しないといけないのです。

今回
良いコミュニケーションの習慣を語る上で
もっと大切なのは、
習慣をつくる成長と変化のプロセスは、
上向きの螺旋状の循環であるということなんですね。

ここのところを
ぜひかみしめてください。

自分のあり方を変えることによって見方が変わり、
見方が変わることによってさらにあり方が変わるのです。

知識・スキル・やる気のレベルが高まるにつれて、
古いパラダイムから解き放たれ、
生活や人間関係がさらに高い効果性の領域に入ることになるのです。

そしてこのプロセスは常に上向きに続きます。

時として、このプロセスを難しく感じることもあるでしょう。

生活を変化させるには、
大きな目的のよって動機づけられる必要があるのです。

今すぐほしい結果を我慢して、
招来本当に得たい結果を追求しなければならないからですね。

しかしながら、

こうしたプロセスこそが、
私たちの存在目的である幸福をつくりだすものなんですね。

幸福とは、最終的に欲しい結果を手に入れるために、
今すぐ欲しい結果を犠牲にすることによって得る果実にほかならないのです。

明日はもう少し具体的にお伝えできればと考えています。
posted by 嘉藤 真弘 at 03:20| Comment(0) | 働き方改革

2019年08月07日

Habits 3

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

習慣の三つの要素を伝えておきたいものです。

正しい人間関係の原則について、どのように考えますでしょうか?

常に自分の意見を述べるだけで人の話を真剣に聴かなければ、
友人・同僚・家族など周りの人との関係はうまくいかないでしょう。

そこで、正しい人間関係の原則です。

聴く必要性が理解できるのです。

そうです、つまり、知識の問題です。

また、相手の話を聴かなければならないということが分かっていたとしても、
そのためのスキルがないかも知れませんね。

つまり、ほかの人の話を深く聴く方法を知らないということです。

しかし、
聴く必要を知り、聴くスキルを持っていたとしても、
それだけでは不十分です。
聴きたいという気持ちがない限り、習慣とはならないのです。

つまり、やる気が必要なのです。

習慣にするためには、
この三つの側面をすべて育成する必要があるのです。

さらに、この成長と変化のプロセスは、
上向きの螺旋状の循環なのです。

明日も続けます。
posted by 嘉藤 真弘 at 03:19| Comment(0) | 働き方改革