2019年10月06日

R.P. 35

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

今日も、「自己紹介・自己開示」についてです。

どのように自分、自分らしさを伝えていくのか???

記憶に残る伝え方のポイント3つです。

Point1
[     ]に伝える
Point2
[     ]して伝える
Point3
[     ]を持って伝える

さあ皆さん!

どのように考えられますか?

皆さんのパーソナルブランドツール
キャッチフレーズ
プロフィール
名刺
自分クレド
ブログ

ファッション
セミナーなどこれらをどのように活用できるでしょうか?

3つのポイントです。
Point1
継続的に伝える
大切なこと、繰り返しましょう
Point2
視覚化して伝える
言葉に映像です
Point3
一貫性を持って伝える
やりすぎ位がいいのです。名刺にブログなど一貫性を!

明日から、再び自分クレドについてお伝えしましょうか。
【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 01:18| Comment(0) | 働き方改革

2019年10月05日

R.P. 34

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

今日も、「自己紹介・自己開示」についてです。

自分を知ること、さらに、昨日までに、
言葉にすることで得られるものについてお伝えしました。

今日は自分の価値観を明確にする、
言葉にすることを一緒に考えてみてください。

昨日ご紹介したワークには、
ひとつは「憧れの人を思い出す」があります。

私の場合、加山雄三・桑田佳祐
湘南コンビと言いますか?過去と現在の憧れを感じています。

そこで、お二人に共通した「挑戦」、
さらに

これだけ成功された人物でももっているんですね、加山雄三「謙虚さ」
自分の世界をさらに広げるんですね、桑田佳祐「学ぶ姿勢」を

私は感じています。

またお二人には、イチローに似た面があります。

なんだかわかりますか???

私は思うのです。
自分の尺度を持っているということなんです。
そうです!

ブレナイ自分の生き方を持っているのです。

自分の考え方を大切にしているのです。

「主体的」なんですね。

こうして考えてみると、私の価値観は、

「挑戦」「主体的」
これまでに「謙虚」現在は「学び」
このようなことに集約できそうです。

なにも芸能人、歌手などである必要はありません。
歴史上の人物、
身近な先輩、ご両親もありでしょう?
自分の憧れとなる人を見つめてみてくださいね。
自分の価値観が見えてきます!

そうした自分の価値観をどのように発信するのか?
人に伝えるのか?
自己紹介・自己開示するのか?
本題に入りましょうか!
posted by 嘉藤 真弘 at 01:23| Comment(0) | 働き方改革

2019年10月04日

R.P. 33

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

今日も、「自己紹介・自己開示」についてです。

自分を知ること、さらに、昨日までに、
言葉にすることで得られるものについてお伝えしました。

今日は自分の価値観を明確にする、
言葉にすることを一緒に考えてみてください。

二つのワークがあります。

ひとつは「憧れの人を思い出す」
Step1:憧れの人は誰ですか?今、昔
Step2:どんなところに魅力を感じますか?今、昔
Step3:大切にしたい価値観は?

もうひとつは「価値観を明確にする」です。
Step1:大切だと思うキーワードにすべてに〇をする
Step2:〇をしたものの中から、さらに3つを選ぶ

さて皆さんの憧れの人は誰でしょうか?

具体的に名前を上げて見ましょう。

私は小さいころ、

昔ですが、
「加山雄三」に憧れました。
今は
「桑田佳祐」に憧れます。

二人に共通項もありますね。
海。そうです、ロマン、湘南ですね。

ブレナイ芯があると思うのです。
独創的に、挑戦を続けていますね。私もそうなりたいものです。

私の価値観とはどのように考えられるでしょうか?
未だに活躍をされるお二人を思うと、まずは、
強いビジョンにもとづく行動、
そして、自分の強みを最大限発揮する力ではないかと思うのです。

加山雄三の場合は、模範となるべく遠いひとであり
桑田佳祐の場合は、身近になりつつも未だに手の届かない存在なんですね。

ですから、未だに挑戦なんです。
これが私の価値観でしょうか?
明日もご一緒に考えて見てください。
posted by 嘉藤 真弘 at 00:41| Comment(0) | 働き方改革