2019年04月19日

7Habits8

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、7つの習慣「再新再生の四つの側面」

肉体
知性
精神
社会・情緒

の「精神」まで考えました。

が、

突然ですが、来月行うセミナーでの「業務改善」について私が語る内容をご紹介します。

主体性の発揮です。

その時大切なのは、主体性を発揮することなんです。
一言で言えば、責任をとる習慣です。

反応的な人は自分の今の状況を周りの環境や他人のせいにしがちです。
主体的な人は周りの環境要因を意識することがあっても、
それによって被害者になることはないのです。
それに対して改善の方向に向かせる行動を起こす責任を認めているのです。

さらに続けます。

責任という言葉は英語で言えばResponsibilityといいます。
この言葉の語源はResponse(反応)とAbility(能力)からきています。
つまり、自分の身にどういうことが起こっても、
それに対して責任を持って反応を選ぶことができるのです。

この人たちはコントロールできない様々な事柄(関心の輪)に集中しません。
彼らが何ができるか(影響の輪)に集中し、最大限の成果を出すように行動をするのです。

私が勤めた38年間での、若手の成長に見た最高の経験・成果ではないでしょうか!

さらに続けます。

主体性を発揮することにより、人は偉大な力を持つことになります。

それは、過去の延長線ではない将来を築き上げることができるのです。
自分の今まで受けた条件付けや周りの社会の影響にただただ反応し、
そうした外的な要因に左右されるのではなく、
逆に周りの環境に対して自分はどう行動し、
どう影響を及ぼしていくのか考えていくことができるのです。

これまでに多くの偉大な力を見てきました。
皆さんと共有化できるとうれしいです。

どうでしょうか!?
【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 01:41| Comment(0) | 働き方改革

2019年04月18日

7Habits7

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、7つの習慣「再新再生の四つの側面」

肉体
知性
精神
社会・情緒

の「精神」まで考えました。

今日は具体的な
社会・情緒的な刃を研ぐ方法を列挙します。

▢家族関係を育成する:家族や親戚との関係を育成することが生活を豊かにし、
人生に意味を与え、
他の場面における人間関係の問題に対処する能力を著しくたかめる

▢人間関係を維持する:小さな親切をし、理解するために相手の話を聴き、
約束を守り、
引き出しをしたときは誠心誠意に謝る

▢新しい友人関係をつくる:友人の輪を広げる

▢奉仕活動に参加する:奉仕活動や、
他人の生活に祝福を与える活動に参加することが、
他人のニーズに対する感受性を高める

▢相違点を尊び、相乗効果を発揮する機会を探す

さあ!皆さんは、
ご自身の社会・情緒的な刃を研ぐために何をされるでしょうか???

再新再生の習慣です!

人間関係を維持するために何を実行しますか?
posted by 嘉藤 真弘 at 01:11| Comment(0) | 働き方改革

2019年04月17日

7Habits6

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、7つの習慣「再新再生の四つの側面」

肉体
知性
精神
社会・情緒

の「精神」まで考えました。

私はあえて、
時間をレバレッジすることの大切さをお伝えしたのですが、
ご理解いただけましたでしょうか?

今日は、「社会・情緒的な刃を研ぐ」を考えましょう!!!

社会・情緒的な刃を研ぐとは???
他人との信頼残高に対して預け入れをすることなんです。

その上、

新しい出会いや今持っている人間関係を深める活動も、
この側面での刃を研ぐ方法です。

新しい人間関係のチャレンジにぶつかり、
それに対処する度にこの側面が強められます。

こうして、
不愉快だと思った経験でも自分の成長の機会となり、
今後の生活をさらに豊かなものとするのです。

今、問題となっている重要な人間関係を一つ選んでみてください。

「その関係を改善させ、
さらに深めるためにあなたは何ができるのでしょうか?」

皆さん!考えてみてください。

思い出してください。信頼残高とは?

信頼のレベルを示す強力な比喩表現ですね。

他人とのすべての接触を
預け入れ、
または
引き出しに分類できるのです。

預け入れは、信頼を高める行動です。
引き出しは、信頼を低下させる行動。
でしたね。

基礎的な預け入れのこと、覚えていますか???

小さな親切、
約束を守る、
期待を明確にし、それに応える、
忠実、
誠心誠意で謝る
等も含まれます。

さて、皆さんは、何ができるでしょうか?

具体的に考えてみてください。

明日は、またいくつか列挙します。
社会・情緒的な刃を研ぐということです。
再新再生、最後の習慣です。
posted by 嘉藤 真弘 at 00:22| Comment(0) | 働き方改革