2019年11月03日

CS-ES 10

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、昨日までのES(=CS)と5Sとの関係性はよろしいでしょうか?

ES(社員満足)

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾=次の人への思いやり)

との関係です。

清潔に続いて
躾です。

締めの「躾」ということになります。
まだ皆さん、なぜ5Sが社員満足?と思っていませんでしょうか???

でも、続けます、
「躾」とは何だろうです?

「躾」は、
「4Sを習慣づけ維持し、さらに良い方法を探求すること」
「職場のルールや規律を守ること」
「決めたことを必ず守るように徹底すること」
等の意味があると松田氏が教えてくれています。

さらに、
「規律を守ること」
そして「習慣にすること」
さらに「継続的に改善すること」
等の意味もあります。

挨拶、礼儀などを含める場合もあるんですね。

これらが、5Sのまとめですが、
絶対的な意味があるのではなく、会社ごとに異なることがあってもいいですね。
さらに、職場ごとのルールでもいいでしょう。

その職場での、
目的やレベルに応じた定義付けがされればいいのではないでしょうか?

そのルールに従って行動することで、
それが、ESに
さらに、CSに
つながっていくのです。

CSとESの相関性について、
リクルートの山田氏の考え方をお伝えしながら、
5Sの世界へとご案内しましたが、
今一度、山田氏の考え方に戻って締めたいと思っています。

CSが大好きな山田氏、
私たちが学ぶべきことを教えてくれています。
しかも、現場のあり方です。
posted by 嘉藤 真弘 at 00:18| Comment(0) | 働き方改革

2019年11月02日

CS-ES 9

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、昨日までのES(=CS)と5Sとの関係性はよろしいでしょうか?

ES(社員満足)

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾=次の人への思いやり)

との関係です。

清掃に続いて
清潔です。

今日の「清潔」
明日の「躾」

その意味合いは、会社や、職場の仕事によって変わってくるのです。

これまで、活コンサルの松田氏の言葉を引用していますが、
参考になりますね、わかりやすいです。さらにご教授をいただくつもりです。

無論、
鍵山会長の言葉を引用することもできますが、それは皆さんにお任せします。

さて、
清潔とは???

食品業界
医薬品、医療品業界では、
どうでしょうか?

一見きれいでも、細菌やバイ菌がいたのでは許されないのです。
そこで、まさに清潔そのものの意味で
「職場を清潔に保つこと」と考えます。

しかしながら、そこまで衛生性を求めない職場では、
「人格や品行が良く、潔いこと」
「いつ誰が見ても、誰が使っても不快感を与えぬようにきれいに保つこと」
等の定義があるのです。

すなわち、
「人の行動」
「人へのストレス軽減」等
の意味を持たせることもあるんです。

松田氏の言葉を借りると、
「清潔」とは、
整理・整頓・清掃を維持することなんです。

皆さんはどのように考えますか?

私は、
整理・整頓・清掃
とくれば、清潔であるのですが、
人としての精神性を含めて考えたいものです。

人格、品格等
「清潔」に含めたい気持ちです。
いかがですか?

忘れてはいけないのは、
CSとES
を語る上での
5S
なのです。

職場の仲間と仲良くなること
職場の仲間と仲良くあること

CS-ES-5S

5Sがポイントなのです。
それが文化なのではvないでしょうか!

明日は「躾」です。
5つめの「S」です。

posted by 嘉藤 真弘 at 00:57| Comment(0) | 働き方改革

2019年11月01日

CS-ES 8

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、昨日までのES(=CS)と5Sとの関係性はよろしいでしょうか?

ES(社員満足)

5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾=次の人への思いやり)

との関係です。

整頓に続いて
清掃です。

清掃とは、「身の回りのものや職場の中をきれいに掃除すること」
当然ながらのことですね。

目的は何でしょうか?
なぜ清掃するのでしょうか?

ゴミやほこりを取り除くことが掃除です。

明日の清潔につながることわかりますね。

毎日、清掃していますか?
習慣との関係が大切なことでしょう。
ESへとつながること感じますか?

いまお伝えしたいことは、
CSとESの関係なんです。
ご理解いただけますか?
posted by 嘉藤 真弘 at 00:17| Comment(0) | 働き方改革