2019年10月11日

Credo 5

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、
パーソナルブランド「自分クレド」(Credo)
についてお伝えしています。

行動指針であり、ご自身の成功のルールです!!!

まず、ビジョンです。
「なりたい自分」「手に入れたいもの」を
鮮明にイメージできるまで、具体化したものなんです。

昨日までにビジョンマップで描いたものの中から、
最も重要と思えるものものをひとつ選ぶこと、
からはじまります。

質問です!

「それさえ達成できれば、思い残すことはないと思えるものは何ですか?」

さらに、

質問です!!

「そうした究極のビジョンを達成したら、あなたはどうなっていますか??」

さあ!どうでしょうか???

イメージできていますか?

私の場合ですが、

あなたの働き方改革コンサルタントとして、
営業の皆さんを輝かせることなんですね。
人々を輝かせることなんです。

そして、私自身は、
コンサルタントとして第一人者となる、なりたい自分を実現するわけです。

このビジョンこそ、皆さんの「資産」であるのです。

ではどのように計画しましょうか?
具体的な指標がないといけませんね。

明日続けます。

2019年10月10日

Credo 4

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、パーソナルブランド「自分クレド」(Credo)
についてお伝えできればと考えています。

行動指針であり、成功のルールです!!!

まず、ビジョンです。
「なりたい自分」「手に入れたいもの」を
鮮明にイメージできるまで、具体化したものなんです。

どのように描くのか?

「マインドマップ」なんです。

人生の6分野について、
経済、仕事、家族、健康、趣味、学習
について、
「3年後の自分」のアイデアを広げて見てほしいのです。

3年後、
自分はどのようになっていたいのか???
発想するのです。

私の場合、「仕事」では、

働き方改革コンサルタントとして、
これまで、年間20回のセミナーを毎週に、つまり50回に、
コンサルとしての契約を10社に、
「働き方改革の〇〇、、」と題する書籍を出版する、
働き方改革の第一人者に、
などなど、

イメージがふくらむものです。

テーマに対して、その他の枝ではもっとアイデアを出しやすいでしょう。
特に経済面では、なりたい自分、表現しやすいのではないでしょうか?

収入は?
どんな家に住んでいたいですか?
どんな街ですか?
どんな車で移動していますか?
週末の別荘は、どこですか?だれと過ごしますか?

ハワイでは、どのように過ごしますか?

等、なりたい自分って、楽しく描けますね。

では、こうしたビジョンをどのようにまとめましょうか?

2019年10月09日

Credo 3

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

パーソナルブランド「自分クレド」(Credo)
についてお伝えできればと考えています。

行動指針であり、成功のルールです!!!

まず、ビジョンです。
「なりたい自分」「手に入れたいもの」を
鮮明にイメージできるまで、具体化したものなんです。

私の場合は、

私の「聴く」があなたに「効く(利く)」
それがあなたの「輝き」に変わります。

「聴く」ことの実践を通して、
コミュニケーションを円滑にして、人々の成功に導くことを
イメージしています。

視覚化できているでしょうか?
映像化できているでしょうか?

パーソナルブランド構築が加速化するビジョンの効果とは?

私の師である立石氏の言葉を借りてご説明すると、

・才能が引き出される
・言動がぶれなくなる
・人の応援が集まる

この3つなんですね。

イメージトレーニングって何でしょうか?
野球でバッターが素振りの練習をする際に、
対戦ピッチャーまでイメージしているかどうか?

人はイメージしたように動くものだからです。

ビジョンがあるから、
自分の才能が引き出されるとはこのことなんですね。

また日頃から意識していることに対して、
情報として飛び込むことがあります。キャッチできるのです。
焦点化の法則です。
ですから、言動がぶれなくなります。

さらに、やりたいことを明確にして、発信するからこそ、
応援者が現れるのです。

実は私のビジョンの具体的なイメージは、
7つの習慣の公的成功にあります。

第4の習慣
第5の習慣
第6の習慣

です。

第4の習慣:理解してから理解される
第5の習慣:win-winを考える
第6の習慣:相乗効果を発揮する

これなんですね。

「聴く」ことがベースなんです。
コミュニケーションの基本は「聴く」ことにはじまるのです。
実はその道具が「打合せ記録」なんですね。
私の営業経験、相談室経験が活かされているんです。

では、皆さんが、どのようにビジョンを描いたらいいのか?
明日また続けます。