2021年04月04日

roof-text 11

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、

また外装リフォームの教科書をはじめています。
「屋根工事」について一緒に考えてください。

今日も、
劣化部分をメンテナンスすることです。

棟の補修に続いて、
・漆喰の補修
・屋根材の部分交換
・雨漏れ補修
などです。

そこで今日は、
屋根材の部分交換ですが、
皆さん、どんなご経験をお持ちでしょうか・・・・・

屋根材が割れた場合、屋根材の種類や状態にもよりますが、
補修ですまなければ部分的に屋根材を交換することになります。

例えばスレートのように薄い屋根材にはヒビが入ることがよくあり、
接着剤で補修することが多いです。

その上から補修をすると、修理跡が目立たなくなります。

しかし、
スレートのデザインによっては
欠けた部分が落ちてなくなってしまうこともあるので、
支障があれば屋根材を部分的に交換することになります。

瓦屋根では完全に割れてしまったり、
瓦が落ちてしまったら、早めに交換する必要があります。

さて、\ここに注意/です!

瓦屋根の不具合では、瓦がずれることがあります。
その場合は単にズレを直すことだけではなく、原因を確かめることが大切です。
例えば下地が弱っている場合は瓦を一旦おろして下地のやり替えをしないと
同じことを繰り返してしまいます。

台風の被害で瓦がずり落ちてしまうこともあり、
この場合も雨で下地にダメージを与えていることがあるんです。

明日は、
雨漏れ補修について、お伝えしましょう。

引き続き、
劣化部分をメンテナンスすることです。

【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 00:55| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: