2021年03月05日

painting-text 18

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、引き続き、外装リフォームの話です。
外装リフォームの教科書について一緒に考えて見たいものです。

今日も・・・
Vol.2
外壁工事の種類について考えましょう。

PART2:モルタル壁の改修工事
です。

塗装・重ね張り・張り替え・・・・・

塗装に続いて、重ね張りです。

重ね張り(カバー)工事では、
既存の壁材にさらにもう一枚壁ができるため、
建物の重量が増すことになります。
重ね張りをすることで地震へのリスクが高くならないよう、
重量が軽い金属サイディングを用いて施工するのが一般的ですね。

しかし、
重量がある窯業系サイディングで重ね張りすることで
耐震性能をアップさせる工法もあります。

新SAT工法というモルタル壁用の施工方法です。
手早く耐震工事と外壁工事を同時に行うことができるのです。

重ね張り工事のように、大がかりな工事を検討する住宅は
旧耐震の時代に建設された建物が多いこともあり、耐震性への配慮が欠かせません。

外装リフォームを考える際、
耐震性を一緒に考えていますか・・・・
重ね張りとの関係を考えていますか・・・

【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 08:05| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: