2020年09月17日

Pax 10

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。


さて、
「成長の女神]はどこへ

自分の価値を自問する
組織頼みから個の時代へ

今日も、これを考えてみたいと思います。

マンインザミラー/マイケルジャクソン いかがでしたか?

今こそ、変わらないといけないのです。

多くの働き手が苦境に追いやられています。
国際労働機関(ILO)によると、
4〜6月の世界の労働時間は、
昨年10〜12月と比べ14%減っています。

これはフルタイム労働者4億人分に相当します。

100年前、
大流行したスペイン風邪で亡くなったマックス・ウェーバーは、
著書「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」で、
勤勉に働くのを是とする倫理的な環境が
西欧資本主義の原動力になったと説いた。


現代、
同じ時間帯に満員電車で通勤し、
オフィスに集まり、
会議を重ね、遅くまで残業する。

そんな「当たり前」が突然「不要不急」とみなされ、
労働時間は勤勉の指標ではなくなったのです。


自分の価値を自問していますか?
私など毎日問われています。

組織頼みから個の時代なのです。
明日も続けます。

パクスなき世界、あなたはどんな未来をつくりますか???
【仕事に役立つヒント(打合せ記録・活用術)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: