2020年08月30日

Nel contagio 18

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

「感染症とは
僕らのさまざまな
関係を侵す病だ」

パオロ・ジョルダーノです。

デング熱にまで話は及びましたが、さて、ご自身の健康をどのように守りますか?

安倍首相、突然の辞意表明である。
持病の悪化に伴い「国民の負託に自信をもって応えられない」
と理由を述べた。
14年前、戦後最年少で宰相の座に就き、
一度は病魔に倒れながらも克服。
昨年11月には憲政史上、通算で最長の政権となり、
先日は連続の在任日数でも1位になったばかりである。
何とあっけない幕切れか。

日経新聞春秋からの引用です。
さらに、

首相には治療と休養を優先してもらうほかないが、
それにしても、次に国のかじ取りを担う人には、
課題が山積である。
まずは、新型コロナウイルスで大きく落ち込んだ経済の立て直しだ。
首相も触れた検査体制の整備、ワクチンの開発や確保も急務となる。
延期した東京五輪・パラリンピックの準備も本格化してこよう。

さらにさらに、

「人づくり革命」
「待機児童ゼロ」
「非正規という言葉をなくす」
など
飛び交った標語の後始末をつけねばなるまい。
少子高齢化社会も待ったなしだ。
戦国武将の御伽衆よろしく首相に付き従っていたお友達や官邸官僚の処遇も大切だろう。
国会周辺の残暑、厳しさを増しそうである。

次の首相、どうかお体を大切に。

素直に自分の健康を考えることってできるでしょうか?

コロナに、
働き方改革に、
熱波。

そのような時代に、今回の安倍首相の辞任。

どうも、日本の社会は、
仕事と健康を秤にかければ、、、
いまだに残っている気がします。

皆さんはご自身の健康を、
今、どのように考えていますか?
【その他の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 02:26| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: