2020年08月10日

bactakleen 24

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

bactakleen
は、
心地よい空間環境づくりをするのです。

さて、今日は、日経新聞の「春秋」から皆さんにお伝えしたいと思っています。
昨日、
東京都の感染者が連日400人を超えたことをうけてのことでしょうが、
ここに引用します。

先日、都内でタクシーに乗ると運転手さんにこう話しかけられた。
「毎日、午後になると、今日は何人かとハラハラする」。
ラジオから速報で流れる感染者数である。
当方も、棒グラフを眺めるのが日課だ。
曲線をイメージすると、数学で習った指数関数に見えてくる。

きっと第2波だ!
というわけです。

パオロ・ジョルダーノ著「コロナの時代の僕ら」(飯田亮介訳)を紹介されます。
数学おたくという著者は第1波がイタリアを襲うさなか、

「魔物」でもある数字を、正しくとらえる大切さを語った。

「感染症の流行は数学の冷徹な抽象化を用いれば、ひとつの大規模なゲームである」

さあ皆さん!どのように思われますか?
【その他の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 01:45| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: