2019年11月29日

Refo-maga 12

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

最も多いクレーム?

コミュニケーション・説明不足による認識違い!
に続いて、
段取り不足や発注ミス等による工期の遅れです。

私も、リフォーム営業の責任者を神奈川で3年間経験していますが、
計画していた売り上げが延びるのですね。

お客様に対して約束していた期限が延びているわけです。

工期が遅れるのです。
なぜでしょうか?

リフォームの営業をされていれば、
どうしても発生することとご理解されているのでは、
ないでしょうか?

工期が遅れる → クレームとなる

リフォーム工事はお客様の生活の場で行われています。
工期が延びれば、お客様のストレスがさらにたまるばかりです。

そこで、お客様に負担を強いることとなる工期の遅れ、
その要因はなんでしょうか?

Refo-magaでは、
3つの要因を上げています。

1.想定外のことが発生する → 現場を解体して見たら土台が腐食していた!
2.工程計画、工事の段取りが甘い → 職人の手配、商品の発注の抜け
3.商品の発注ミス → 色やサイズの発注ミス

リフォーム営業の皆さん!
思い浮かぶことばかりではないですか?
その通りではないでしょうか???

引渡、売上時期を優先するあまり、
工期の決め方が疎かになっていませんでしょうか?

仕様について、走りながら決めていませんか?
新築との違いがこのあたりにありますね。

余裕をもった工程組み、商品や職人の段取り、発注ミスを防ぐ等の対策をして、
お約束した工期でお引渡しをすることを目指してほしいものです。

皆さんにとっても、
お客様にとっても、
重要なことです。

想定外の携帯が鳴ることの無いように!





【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 02:09| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: