2019年11月25日

Refo-maga 8

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さあ!具体的に「クレーム対応」を考えてみたいものです。

最も多いクレーム?

コミュニケーション・説明不足による認識違い!

言った・言わない問題ですね。
「工事の内容が、打合せと違うという」ご指摘です。

そこで、対策のひとつとして登場するのが、
そうです!
「打合せ記録」の作成です。

一般的に見て、新築営業に比べて、
その作成される割合は、相当に低いと感じています。なぜでしょうか?
本来必要なものが作成されずに、
信頼を失っているのです。

私の下記のページをぜひ参考にしてください。

「打合せ記録」の作成のスキル・マネジメント
http://kikukikuseminar.biz/seminar/record.html

「打合せ記録」のモチベーション
http://kikukikuseminar.biz/seminar/richlife.html

本来、「打合せ記録」作成は、信頼関係を築くことなのです。
申し訳ないのですが、
その習慣化が、リフォームの世界ではできていない気がしてなりません。

リフォームという仕事の性格でしょうか?
その性格であるがゆえに「打合せ記録」が必要なのです。

信頼のアピールをするチャンスなのです。

お客様との信頼関係を創る5つのポイントは、
何でしたか???

私が、研修で良くお伝えしていることですね。

1.相手(お客様)を理解する
2.小さいことを大切にする
3.約束を守る
4.期待に応える
5.誠実さを示す

こうした内容のことをきちんと反映できるのが、
そうです!「打合せ記録」です。

ではどのように作成すればいいのか?
この場でご説明します。

頻繁に発生するクレーム対応に効果的な対策をすることは、
「ありがとう」といわれる現場づくりの基本です。



【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 01:03| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: