2019年11月10日

CS-ES 17

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、
リクルートの山田流のCS(=ES)のまとめに入りたいものです。

山田氏の後輩が教えてくれたというエピソードです。
このエピソードを可能としたことってなんでしょうか?

後輩が湯布院のホテルにチェックインする際、
フロントのご担当者が、左利きであることを、
配膳する担当者に伝えていることは明らかです。

お箸を逆向きに配置したのは、この配膳担当者でしょう!

CSを高めることは、
ひとりではできないことを承知した上で、ESを高めているのです。

CS=ES

つまり、職場の仲間との関係、
仲良くなること
仲良くあること

CSを実践するならば、職場の仲間と仲良くするのが
仕事であり、義務なのです。

山田氏は、それがすべてであると発信されています。

皆さんはどのように今感じていますか?



【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 00:36| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: