2019年11月06日

CS-ES 13

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、
リクルートの山田流のCS(=ES)のまとめに入りたいものです。

なぜ、今回、CS(=ES)について語っているのか?

働き方を改革するこの機会に、
CSへの見解を考え直してほしい、あるいは、定義してほしいのです。

新たに、働き方改革を推進できないでしょうか?


残った課題は、
■CSが優れた企業の共通項
■企業のCSを左右する7つのポイント
■これからのCS
でしょうか!

■CSが優れた企業の共通項はどうでしょうか?

山田氏がベンチマーク企業で学んだCSが優れた企業の
共通項です。7つに絞り込んでいます。

共通項1:自分の会社が大好き

共通項2:CS推進部がない

共通項3:上司(社長)がひまそう

共通項4:会議が多い

共通項5:取引先に優しい

共通項6:近所づきあいが良い

共通項7:職場がきれい 掃除が行き届いている

皆さん、何を感じていますか?

CSとは、自分の好きという衝動そのものですから、
自分の会社が好きというのはご理解いただけますね。

共通項2〜6は、
どうでしょうか?コミュニケーションを大切にしている、
風通しの良い環境が見えてきますね。
お客様はもちろんですが、
社員ひとり一人が認めてもらえる、承認されるのが、
あたりまえとなっているのではないでしょうか?

そこでさらに、お掃除ですね。

お互いが気持ちよく過ごせる環境づくりでしょう。
そうした環境づくりを進める姿勢こそが、

ESを高めるのではないでしょうか?

当たり前のことですね。

あたりまえに、
お互いが認め合える環境に、
物理的な快適な環境がつくられているのです。

皆さん!いかが感じていますか?

何か特別なことって、ありますか?
当たり前のことなんですね!!!

CSって、
当たり前のことを当たり前に実行することなんではないでしょうか?

明日は山田氏の発信する
■企業のCSを左右する7つのポイント
について、一緒に考えてみませんか?

日常の当たり前を、さらに感じると思います。
【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 00:12| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: