2019年10月29日

CS-ES 5

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、
・「CSとESの関連性
〜職場のCSとESを活性化させる絶対無二の方法について」
株式会社リクルートライフスタイルのCSカレッジ長、
山田修司氏の見解についてお伝えしています。

1.トイレットペーパーの状態
2.ポットの状態
3.冷蔵庫
4.シュレッダー
5.コピー機
6.ホワイトボード
7.笑顔・挨拶・感謝

以上が、ES(=CS)を高める7つのポイント、職場のあり方です。

次の人への思いやり、
いわば、
仲間を大切にする文化、
仲間を好きになる、
仕事を好きになることではないでしょうか?

1.〜 6.を自分が使ったあとにどんな状態で仲間が使うのか?
どんな笑顔がその時に生まれるのか?

そこで、5S

5Sとは、何でしょうか?
整理
整頓
清掃
清潔

の頭の文字をとったものです。

なるほどではありませんか?

それでも、本当に5Sの意味って浸透していないのです。

整理って何ですか?
「きれいに整えること」

ちょっと違います。

国語辞典で紹介されている意味ではなく、
「マネジメントの専門用語」なんです。

そのマネジメントの5Sの意味を知っているのか?
知っているだけで
「この人よくわかっているな」
「勉強しているな」
「きちっと教育受けている」
と思われるのです。

そうした5Sへの理解、実行が、
ES(=CS)につながっていくのです。

明日も続けます!

【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 00:50| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: