2019年09月07日

R.P. 6

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、Role-playing 研修のこと続けます。
その多彩な価値について考えます。

ふたつめの価値
【フィードバックが得られる】です。

【具体的な話し方の練習ができる】に続いて、
もうひとつは、フィードバックの価値です。

「実際にやってみる」ロールプレイング研修では、
その「実際にやってみた状況」に対し、他の役を演じていた参加者から、
その場でフィードバックを得ることができます。

たとえば、営業トークの練習をやった直後に、顧客役を演じた同僚から
「顧客の立場からどう感じたか」を教えてもらえるのです。

これって、すごくないですか?
その場でのフィードバック、価値が高いです。

時に、
自分が営業担当役として、自社商品を強力にアピールした後、
顧客役を演じた複数の同僚から、

「そんな弱気な話し方では商品の魅力が伝わらない。もっと押すべき」

という意見と

「そんな言い方では威張っているように聞こえる。もっと謙虚に」
というまったく異なるフィードバックが返ってきたりします。

これにより、
研修の参加者は、
同じ言い方でも受け手の感覚によって
全く反対の反応が起こりえることが理解でき、
特定スタイルのコミュニケーションを学ぶことにより、
相手の気持ちを探りながら話すことが重要なのだと学ぶことができるのです。

ひとりの講師から多数の受講者へ向けてレクチャーが行われる
一般的な集合研修では、
講義+質疑応答は行われても、
個々の参加者に対して個別具体的なアドバイスが与えられることはないのです。

具体的なフィードバックが直接得られるロールプレイング形式の研修は、
一般的な研修よりはるかに迅速なスキルアップに役立つのです。

新築営業の皆さん!
リフォーム営業の皆さん!

こんな効果の高い
即効性の高い学びを得るチャンスを日頃から活かしていますでしょうか?
【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 01:12| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: