2019年09月02日

Role-playing

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

8月31日に開催した
「人生の扉を開く!目標達成するコミュニケーション研修」は、
無事終了しましたので、明日にでもHP上で更新してまいります。

目標達成のためにどのように先輩・後輩とのコミュニケーションをするのか?

「7つの習慣」公的成功・一般的なコミュニケーション手段について
私が、
情報提供して行っています。

さて、この9月は、
新築営業の皆さん23名を対象に3時間の研修を2回開催します。
しかも、両日とも「ロールプレイング研修」としています。

なぜ?
今、
Role-playing研修なのでしょうか?

結論からお伝えするなら、
業務の生産性向上に直結する研修がロールプレイ研修であるからです。

即効性!です。

この下期、消費税もあがり、市場にますます厳しさが出ることになるでしょう?
そのために対策のひとつです。

企業は社員向けにさまざまな研修を行っています。
しかし、それらの研修の生産性について、
とても高いと評価をしている社員はどれほどいるでしょうか?

何十人が一堂に集められる集合研修は開催の人件費コストが極めて高額です。

たとえば、20人が、支店の営業全員が、
3時間の研修に参加すれば60時間分の人件費が
投入されるわけですが、
はたしてその研修はそれ以上の効果をもたらしているでしょうか?

企業の研修とは仕事の生産性を上げるための投資です。
研修を受けたことで
参加者の生産性がどれほど上がるか?上がったか?
ということは、
研修自体の生産性として常に意識される必要があります。

ところがです。中には、
「勉強になったけれど、仕事の生産性にはあまり影響がない」
という毒にも薬にもならないレベルの研修がたくさんあります。

なぜでしょうか?

今回私が、ロールプレイング研修を提案している訳を
明日からお伝えします。
【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 00:12| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: