2019年07月07日

Personal-brand 9

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、新しいテーマ「パーソナルブランド」を語っています。
ステップ1:自分を知る(自己理解)ことが大切です。

誰一人同じ顔の人が存在しないように、
人の脳力、個性はそれぞれに違います。
歩んできた道のりも皆、違うわけです。
唯一無二の存在である自分ことをよく理解してこそ、
自分を十分に活かすことができます。
まずは自分を理解することからはじめてみましょう。

でしたが、今日からは、

ステップ2:言葉にする(言語化)です。

理解を自分のものにするには、言葉にする必要があります。
言葉にすることで理解がより深まります。
言葉にすることで、他者から理解してもらいやすくもなります。
理解したことは、自分の言葉にするように努めてみることです。

そこで
言葉の重要性です。

言葉にすることで得られるものは?
➀[      ]が深まる
⓶[      ]が生まれる
➂[      ]が変わる

さて?

そうです、
[自己理解]
[価値]
[現実]
ということになります。

さてここでワークです。

「憧れの人を思い出す」です。
皆さんこれまでにこのワークは経験していますか?

ステップ1:憧れの人は誰ですか?
今は?
昔は?

ステップ2:どんなところに魅力を感じますか?
今は?
昔は?

ステップ3:大切にしたい価値観は?

ちょっと抽象的でしょうか?

私の場合は、

憧れの人は
今は?加山雄三
昔は?桑田佳祐
なんです。

逆ですかね?

最近の加山雄三の若さからすると、こうした憧れもありではないでしょうか。

加山雄三
ちょっと古いでしょうか?「若大将」です。
50年以上も前のことですね。
私が小学生のころ見た映画若大将シリーズが蘇ります。
未だにかっこいいですよね!

桑田佳祐
自分の世界を持っています。
彼のデビュー時代は青学の文化祭で見かけたものです。
40年以上も前のことですね。
私が大学生のころ彼の歌を口ずさんだものです。

共通しているのが
湘南を感じさせる二人ですね。
そうなんです、海・ロマンなんです。

そして今でもチャレンジを続ける二人であり、新しいものを創る二人なんですね。
いきいきなんです。

遊び心もあるのではないでしょうか?!
独創性!
挑戦!

そんな言葉が浮かびますね
それが私の価値観へつながるんですね。

皆さんの場合
憧れの人は誰ですか?
価値観はどんな言葉になるのでしょうか?

これが今回のワークです。

私の場合は、歌手?
タレント?いわゆる芸能人ですが、

歴史上の人物、あるいは経済人、
等でもいいのです。

そこから、皆さんの「言葉」が生まれることがの方が大切なんですね。

皆さんの価値観を感じる言葉!

それが大切です。

明日はさらに次のワークです。

「価値観を明確にする」です。
ぜひお付き合いください。
【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 01:21| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: