2019年07月02日

Personal-brand 4

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、新しいテーマ「パーソナルブランド」を語っています。

パーソナルブランドを創る上で、
一番大切なのは、やはり自分を知ることだと思います。

自分を知る(自己理解)

言葉にする(言語化)

人に伝える(情報発信)

パーソナルブランド構築の3ステップの一番目ですね。

ところで、
皆さん!

「ジョハリの窓」って知っていますか?

年代にもよるのでしょうが、
皆さんからは、何か懐かしい、そんな声が多いような気がします。

私も若い頃?
でしょうか?
かつての会社に入社したころ、研修で学んだ課題でした。

そうです、
横軸に、自分が知っている、知らない。
縦軸に、他人が知っている、知らない。

マトリックス!

心理学での自己分析に活用されています。

自分が知っている、他人も知っている:解放された窓
自分が知っている、他人は知らない:秘密の窓
自分が知らない、他人は知っている:盲点の窓
自分が知らない、他人は知らない:未知の窓

これら4つの窓です。

ブランディングを考える時、大切なのは、結果、
解放された窓を大きくするという考え方ですね。

ご理解いただけますか?

秘密の窓、解放できませんか?
盲点の窓、他人からの指摘を大切にしていますか?
未知の窓、これまで開くことを避けてきたことありませんか?

つまり、解放された窓を大きくすること、これがブランディングに活きるのです。

開かれていない可能性!?

今の皆さんの領域だけではなく、未知のリソース(可能性)を見つけること、
そうした考え方が大切なんですね。

ジョハリの窓!どの窓を大きく開放しますか???

自分の魅力をブランドとして確立するには、
解放された窓をさらに開放することではないでしょうか?

ジョハリの窓、
古くからあるワーキングですね。

でも、未だに活用されているのは、なぜでしょうか???

他人との関わりの中で、常に新しい発見があって、
それが自分の成長、自分の発見に役立つということでしょう。

明日からは、さらにいくつかのブランディングのための
自分を知るためのワークをお届けします。
posted by 嘉藤 真弘 at 00:14| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: