2019年06月11日

Engagement

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

皆さん!
CS-ES
昨日までに、この関係をご理解いただけましたか?

これまでにお伝えしたES、
所属する会社への満足度でしたね。
働く上での居心地の良さ、福利厚生や労働環境、待遇など
会社から与えられるものが、
目に見えやすい、
足りないと不満になる、そんなことが影響するものでした。

それに対して、
所属する会社への愛着心
「自発的貢献意欲 働きがい」
自分で持つもの、
目に見えにくい、
足りなくても不満にならないもの、

これが、エンゲージメントなんですね。

これまでは、ESといっしょに語られてきた「生きがい・働きがい」に近いですね。

ES(従業員満足度)を調査して、
結果を社員と共有化することで、
社員と共にギャップを埋めていく

⇨社員と会社が相互に理解を深めることでエンゲージメントは高まるんです。

そこで得られるメリットは何でしょうか?

社員が仕事を自分事と感じ、楽しみ、自発的に組織に貢献しようとするんですね。

皆さんはどのように考えますか?

会社のメリットは?
社員のメリットは?

何でしょうか?

会社にとっては、言うまでもありません。

生産性が上がるのです。
このことが働き方改革につながることになるのです。

そして、社員にとっては仕事を楽しめる、成長を実感できる、
つまり人生を豊かにできるメリットがあるのです。

さて、しばらく、このエンゲージメント、お付き合いください。

なぜ浸透してきたのか?
メリットは何か?
どのようにしたら高めることができるのか?

ご一緒に考えて見ましょう!
どのようにしたらエンゲージメントを高めることができるのか?
とても興味があるのではないでしょうか?

【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 00:29| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: