2019年06月10日

CS-ES 9

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

皆さん!
CS-ES
この関係をご理解いただけましたか?

スパイラルアップを目指して、MRIが、
全社の資源配分や組織編制のあり方から根本的に見直す「戦略的」なCS活動です。

そのポイントは、

社内連携の強化【社内CS】なんですね。

わかりやすいようで、わかりにくいですね。
これは、
社内の有機的連携と言われています。
全ての部署が各々を「顧客」と捉え、
その満足度【社内CS】向上を目指し、
業務内容の高度化と社内連携の強化を目指すというものです。

社員活性化とやる気の向上【ES】
(活動量と質の向上)

⇨社内連携の強化【社内CS】
(組織力の向上)

⇨顧客価値の向上と競争優位実現【CS】
(2つのSの実現)

⇨業績向上
(ポジティブフィードバック

⇨社員活性化とやる気の向上【ES】

と循環するというものです。

この循環のどこに起点があるのでしょうか?
皆さんはどのように考えますか?

CS(顧客満足)
ES(社員満足)
ではないです。
私は、業績向上こそが起点となる、そのように考えています。

さて、明日からは、
エンゲージメント(Engagement)
について考えて見たいものです。

働きかた改革でのキーワードですね。
【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 00:18| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: