2019年06月06日

CS-ES 5

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

昨日までに、

CS (顧客満足)
ES(従業員満足)

これらを解説しました。

私が相談室長時代に
CS
ES
を語っていた時代には、

CX (顧客経験価値)
EX(従業員経験価値)

NPS (顧客ロイヤリティ)
eNPS (従業員ロイヤリティ)

は、まだなかった表現なのです。

それでも、三菱総研の「満足のピラミッド」は、
三つの「S」の実現として、

「顧客満足(CS)」
「社員満足(ES)」
「組織間満足(社内CS)」

この三つのSの好循環を促すことで、
企業の利益を高めることができると考えています。

ここで大切なのは、
あくまでも一番大切なのは、「業績向上」です。
これがないとポジティブなフィードバックがないのです。
そうなんですね!

やる気の向上につながらないのです。

CSとES
相互向上のための研修プログラム?!

私が、思うのは、
考えるのは、一番大切なのは、
「業績向上」なんですね。
営業の本質なんですね。

成果を上げるのか!?

ポジティブなフィードバックこそ、
達成感から得られる「成長」となるのです。

この源泉を主体的に活用してこそ、これからの働き方改革となるのです。


【働き方改革の最新記事】
posted by 嘉藤 真弘 at 00:06| Comment(0) | 働き方改革
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: