2018年01月31日

P.B.23

ありがとうございます!
私の「聴く」をあなたの「輝き」に変える
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

「パーソナルブランド」とは、
自分との約束であり、
他者に期待されている自分ならではの魅力
であることをすでにお伝えしました。

今日も「パーソナルブランド」をビジネスで活かす戦略について
一緒に考えていきます。

皆さん!プロフィールはお持ちですか?
以前にも触れましたが、現在は、いい商品が市場にあふれています。
商品の選択肢が増えているのです。
何を買っていいのかが、判断できない顧客が多いのです。

家をつくるにも、
また購入するにも、
マンションを買おうか?建売にしようか?
実家を建替えようか?土地を購入して新築しようか?

家をつくるにも、
設計事務所に依頼しようか?住宅メーカーにしようか?
地域のビルダーにしようか?
代々お付き合いのある大工さんに依頼しようか?
選択肢が一杯です。

住宅メーカーでつくろうと考えても、
展示場での選択も大変です。
ネットで事前に調べていても、どこのメーカーで検討したらよいのか?
迷うばかりです。

でもこれらの考え方は、こちらの考え方です。

展示場にお客様は家を見学に来ているのですが、
真の目的は家づくりの
パートナーを探しに来ているのです。

お客様にとって重要なことは、
「何を買うのか?どこのメーカーを選択するのか?
ではなくて、誰から買うのか?」
です。

同行営業をしていて、
私は依頼されている会社の名刺でお挨拶するのですが、
お帰りになって、
私の名前でネット検索されていたお客様がおられました。

次回お会いした時には、私の立場が判っていますので、
私にとても興味を持っていただけたのですが、
皆さんも、名刺を差し上げる以上、こうしたことになることを、
承知しておかないといけないのです。

こうした時代だからこそ、パーソナルブランドツールである
「自分クレド」「ステートメント」「キャッチフレーズ」「プロフィール」
に意味が出てくるのです。

それでは、プロフィールのつくり方はどのようにしたらよいでしょうか?
選ばれる人のプロフィールは?
何を整理したらいいのだろうか?
書く際に心がけることは何だろうか?
明日お伝えいたします。
【仕事に役立つヒント(パーソナルブランド)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: