2021年03月04日

painting-text 17

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、引き続き、外装リフォームの話です。
外装リフォームの教科書について一緒に考えて見たいものです。

今日も・・・
Vol.2
外壁工事の種類について考えましょう。

PART2:モルタル壁の改修工事
です。

塗装・重ね張り・張り替え・・・・・

まずは、塗装ですね。

モルタル外壁はクラックが入りやすいという欠点はあるが、
塗膜に弾性をもたせることで建物のの揺れや下地の動きに追随し、
塗膜に亀裂が入ることを防ぐ方法が広く用いられています。

モルタル壁特有の不具合はクラックから入った雨水によって生じることが多い。
塗膜の腫れや剥がれもそのひとつで、
塗装の際に剥がれるところまで剥がし、モルタル補修、
パターン付けしてから補修を。

またモルタルに含まれる水酸化カルシウムが雨水と反応して
エフロと呼ばれる白い粉が付着することもあるが、これは洗浄で落とすことができます。


やはり一番注意を払うのは、
クラックへの対応です。

昨日お伝えした通り、
ヘアークラックなのか・・・
深いクラックなのか見極めることです。

内部の傷みにつながる危険を感じとることが大切です。
posted by 嘉藤 真弘 at 04:58| Comment(0) | 働き方改革