2021年01月18日

painting 25

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、引き続き、外装リフォームの話です。
そして今日は、
児玉塗装での現場の状況把握・管理が、
どのように営業活動に活かされているのか・・・

注目の取り組みをふたつ紹介します。

いかに能動的に仕事をすすめられるか・・・

クロージング認可証・・・
上司の力を借りながら戦略的に営業を行う・・・
若手営業の上司への同行依頼ツールです。

基本的に1人の上司に対し認可証を使えるのは1回までだが、
「泣きの2回目」が認められることがあるという。

認可証・・・

札に貼られるのは上司の名前で、
評価率をもとに粗利が分配されるのだそうです。

もう一つの取り組みは、

施工事例や塗板を活用して色選びをサポートすることです。

デジタルとアナログの組み合わせです・・・

色提案では、
・カラーエキスプレス
・塗料メーカーカタログ
・塗板見本
・施工画像
など
ですが、

「画像でお見せした、特定の施工事例の色味の気のいられた方には、
カタログをお見せしながら該当する塗料をご紹介するなど、
アイテムを色々と組み合わせながらご提案しています」

使えるものはしっかりと使うこと・・・

当たり前のことを当たり前以上に・・・

ではまた明日続けます。




posted by 嘉藤 真弘 at 01:08| Comment(0) | 働き方改革