2019年03月23日

Synergy4

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、「相乗効果を発揮する」創造的な協力の習慣ですね。
求める成果は、第三案をつくることです。

では、相乗効果を生み出す機会とはどんな関係でしょうか?

二人の人が違うものの見方を持っているときです。
相乗効果が生まれる大きな機会です。

相違点を生かす方法を知っていることが必要です。

7つの習慣では、
「相違点を生かす第一歩はそれを尊敬し、それに価値をおくことである。」

相違点があるだけでは、相乗効果は生まれないのです。
その相違点を尊敬し、それに価値をおかなければならないのです。

相違点を尊ぶことは、
その人に自分の意見と考えを持つ自由を与え、
彼らの意見に耳を貸すことです。

相違点を尊ぶことは、
自分の考えとパラダイムが未完成であることを認めることなんです。

私たちに与えられているチャレンジは相違点を尊び、
それに価値をおき、その相違点から学ぶことなんです。

同じ相違点でもそれを機会としても脅威として捉えることができます。
そしてその選択次第では、他人との関係の質が決まってしまうのです。

ちょっと観念的でしょうか?

わかりやすく表現すると、相手から学ぶ姿勢を忘れないということ!
自分の成長を助けてもらっているということではないでしょうか?

では具体的に何に注意したらいいのか?
明日続けます。
posted by 嘉藤 真弘 at 00:28| Comment(0) | 働き方改革