2019年03月31日

Fasting4

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、昨日お伝えした通り、
働き方改革での「4つの側面での再新再生」
つまり「刃を研ぐ」ことが求められているのです。

そこで、
今日も、「断食」についてお伝えしたいと考えています。

山田豊文氏の言葉です。

「特に現代人は悪い食事や環境汚染によって多くの有害物質が体内に蓄積している。
そのせいで、
解毒・排泄の仕事を担当する腸や肝臓などの臓器は、
オーバーワークを繰り返して疲労困憊の様相を呈している」

さらに
「山のように仕事が溜まっているのに、
目を通すべき資料がFAXやメールを通して次々と送られてくるような状態を
想像してみるといい。
要するに、どこかでストップしてやらないと、
いま抱えている仕事すらスムーズに流れないのだ。」

そこで、

「断食することによってリセットされた内臓は、確実に機能がアップする。
解毒力が向上し、栄養素の吸収力も高まっていく。

そうなれば、
ムダに消化酵素を使わなくてすみ、代謝もスムーズに行われるようになる。
つまり、栄養の吸収をよくするために、
あえて断食するという発想こそが、健康のカギを握っているといえるのだ。」

野生の動物のこと思い出してみましょう。

「ケガをしたり体調の異変をきたしたとき、野生の動物たちは食を断って、
ただじっとして過ごすことは良く知られるところだ。

生体にとって大きな負担となる消化・吸収という作業を停止すれば、
傷んだり病んだりした組織が修復していく。

食べないことがケガを治し、
体調を回復させる早道だと、自然界の動物はよく知っているからだ。」

では私たち人間は、

「意識するしないにかかわらず、
私たち人間もこの作業を、実は行っているかもしれない。

風邪をひいたり、体調が悪いときなど、食欲が落ちることがあるが、
これがすなわち、身体が食べ物の摂取をせずに休息を求め、
自然治癒力が自然と優先された結果であるとも考えられるからだ。」

こうした体内酵素の働きのことや、私たちの自然治癒力の話を聞くと、
確かにそうだと感じるのではないですか?

意図的に「食べない」ということは、
ある種、人為的に飢餓的な状況をつくりだし、
本来持つ生体防御システムを稼働しやすいように導く手段なのです。

まさに、オートファジー効果ではないでしょうか?

言い換えると、人間に本来備わっている「自然治癒力」を
体に思い出させる作業ではないかと山田氏は語っています。

皆さん、ますます「断食」への興味・関心が募っているのっではないですか?

いよいよ、断食での「リセット効果」「デトックス効果」について、
明日からまとめていきます。
posted by 嘉藤 真弘 at 00:47| Comment(0) | 働き方改革

2019年03月30日

Fasting3

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、昨日お伝えした通り、
働き方改革での「4つの側面での再新再生」
つまり「刃を研ぐ」ことが求められているのです。

そこで、
今日も、「断食」についてお伝えしたいと考えています。

まずは、自然治癒力を呼び覚ますことができるのは、「体内酵素」が関わっています。

生命を維持する目的で、
絶えず、消化、吸収、運搬、代謝、排出というプロセスを
繰り返しているのが私たちの体です。

これら一連のプロセスに関わっているのが、「体内酵素」なんです。

大事なところですので、ここは丁寧にお伝えします。

「体内酵素」には「消化酵素」と「代謝酵素」があるんです。

栄養素を吸収しやすいように食べたものを分解するのが消化酵素、
必要なものをつくり出したり不要なものを排除したり、
細胞を再生させたり修復したりするのが代謝酵素です。

どちらもビタミンやミネラルの力を借りて体内で合成され、機能するが、
現代人の食のあり方では、
体内酵素の多くを消化酵素に割り当ててしまい、
身体を機能させるための代謝酵素が充分に働いていないことが予想されるのです。

こうした状態が長く続けばいったいどういうことが起こるのか。

体に必要なものがつくられず、また毒素が排出されず、
人間をかたちづくっている細胞の再生、修復がおぼつかなくなってくるのです。
体調は悪くなり、老化が進み、果ては病気を抱えるということになるのです。

体内酵素は、一生のうちでつくられる量は決まっているといわれています。
ですから、消化酵素ばかりを使いつづけて代謝酵素をなおざりにしていると、
問題が起こってくるのは当然の成り行きなんですね。

もうおわかりでしょう!

この体内酵素の生産配分のアンバランスを修正できる方法が「食べないこと」なんです。

そうです!断食 Fasting です。

食べないことで消化酵素の生産量は劇的に少なくなり、
その分を代謝酵素に回すことができるのです。
断食期間中、代謝酵素はせっせと働き、身体をリセットしてくれるのです。

この体内酵素のこと、明日も続けます。
その上で、「リセット効果」「デトックス効果」に触れてみたいのです。
posted by 嘉藤 真弘 at 00:21| Comment(0) | 働き方改革

2019年03月29日

Fasting2

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、昨日お伝えした通り、
働き方改革での「4つの側面での再新再生」
つまり「刃を研ぐ」ことが求められているのです。

そこで、
今日も、「断食」についてお伝えしたいと考えています。

山田豊文氏が何と言っても有名ですね。
杏林予防医学研究所所長です。

「脳がよみがえる断食力」という著書のはじめに
全国での断食指導を通して、
「断食を経験した人は、それが脳を喜ばせるプログラムだと気づく。」ので、
リピーターとなると語っています。

さらに

「私は、人間は誰しも天才に生まれついていると思っている。
けれども自分の脳の活性法を知らなければ、
本来の力を発揮できずに終わってしまう。

これほどもったいない話はない。
もしあなたが、成功をおさめたい、
ここぞというときに実力を発揮したいと思うなら、
ぜひ一度断食を経験してみてほしい。
断食には、あなたの人生を変え、
そして日本の未来を変える力がある。私はそう確信している。」

この著書の概要は、

序章:なぜ成功者は断食をするのか?
第一章:うまくいかないのは「食」が原因だった!?
第二章:体を浄化する「断食力」
第三章:断食が「成功脳」をつくる
第四章:脳と身体がよみがえる「ファステイング」
第五章:「食べない」幸せの発見

となっています。

これまでに、実は私は一度ファステイングを経験しています。
再新再生の意味でのファステイングのポイントをいくつかお伝えしたいものです。
posted by 嘉藤 真弘 at 00:09| Comment(0) | 働き方改革