2019年02月28日

Framer21

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、コミュニケーション能力向上のため、
信頼関係づくりを考える、
最後の六つ目の方法ですね。

たくさん遊んでいる人が、
キーワードなのですが、皆さんどう思われましたか?

よく最近のニュースを見て、
話題をストックしているという人はいますね。

ただこれでは、上辺だけの情報なんです。
実際に、
体験した話が会話として盛り上がりやすいことはわかりますね。

遊びでなくても、
趣味、スポーツでの経験を語れるように整理しておくことも大切です。

たとえば、

私が初めてフルマラソンに挑戦したとき、
何を準備したのか?興奮感?タイム?達成感!
こうしたことを伝えられるように整理しておくことです。

相手もマラソン経験者なのか、そうではないのか、
相手に応じて話す内容を考えておくことも必要ですね。

自己開示のひとつでしょう。

日頃から、仕事とは違う場面での自分を見つめて、整理しておくことです。
仕事ではない場面でこそ、自己開示しやすいと思います。

コミュニケーションがしやすいのです。

では、これまでの話を、明日はまとめます。
posted by 嘉藤 真弘 at 04:54| Comment(0) | セミナー開催報告

2019年02月27日

Framer20

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、コミュニケーション能力向上のため、
信頼関係づくりを考えましょう。
最後の六つ目の方法ですね。

たくさん遊んでいる人が、
キーワードなのですが、皆さんどう思われますか?

会話の上手な人の共通点が、「たくさん遊んでいる」人のようです。

どのように思われますか?
たくさん遊んでいる人は、
いろいろなタイプの人と話すことができ、
面白い話題を知っているのです。

色々な遊びから、
面白かった体験談を話すことができるのですね。

人の体験で面白かった話はどうですか?!

普通は聴きたいということになりますね。
面白い体験をしている人の話は、自然聴きたいものです。

でも、ここで注意したいのは、
自分の体験が、相手にとってどのように興味深いのか?
確認しておく必要はありますね。

極端な話、遊びをしない人もいます。
要は、仕事を本当に中心に生きている人たちです。
案外、こうした人たちが多いのではないでしょうか?

ただの遊び人では、コミュニケーションになりません。
自分の「体験・経験」を、
相手へのメッセージとして語れないと意味がありませんね。
posted by 嘉藤 真弘 at 08:50| Comment(0) | セミナー開催報告

2019年02月26日

Framer19

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、コミュニケーション能力向上のため、
信頼関係づくりを考えましょう。五つ目の方法ですね。

一般的な信頼関係構築法は、
「ザイオン効果」でしたが、さらに「ラポール」としましょう!

ラポールを築けば、相手からの信用はすぐに得られるのです。
親しみを感じることができるのです。

ラポールって何でしょうか?

ラポールを活用した人間関係づくりは、
心を開いてもらうことも大切なので、ご自身で学ぶことも大切です。

さて、ラポールって
「相手との共通点」です。

良く会話をしていると、同じ出身地であったり、
同じ学校(中学、高校。大学)を出ていたとか、
同じ趣味だったり、
ということが解った瞬間に
親近感が湧いた経験、ありませんか?

そして、その共通した話題で盛り上がると、
その人との距離が縮まる、
親しい関係になりますね。

そうした経験を皆さんしていますね。

ですから、その経験を意図的に実行することです。

ラポールを見つけることができれば、
一気に親しい人間関係を、信頼関係をつくることができます。
少なくとも、その契機となるのは間違いなしです。

相手との共通点を見つけることから、意識を離さないでください。
相手のことが「知りたい」といった欲求が大切です。

明日は、六つ目の方法、
コミュニケーション向上策です。

posted by 嘉藤 真弘 at 00:34| Comment(0) | セミナー開催報告