2019年01月16日

Motivation12

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

セルフモチベーショントレーナーとしてご活躍されている
産能大の先生、
野間氏のモチベーションでは、
行動したくなる感情を創り出す意味で、
まずは、体の使い方、
次の技術は、言葉の技術です。

言葉遣いですね。

今日は、昨日の続き、良い感情を創り出す言葉です。

・感謝の言葉をたくさん使おう。

「ありがたい」「ありがとう」「感謝します」
といった感謝の言葉を、一日に何度も使おう。

他者から受けている恩恵はいつのまにか、
あたりまえの既得権益になってしまう。
だから、感情の言葉を口に出し、
当たり前に受けている恵みに意識を向けるのだ。

そうです!「ありがとう」は魔法の言葉です。

・愛のある言葉を毎日、たくさん使おう。

同僚に、愛のある言葉をかけよう。
「おめでとう!」「幸運を!」「いい一日を!」と。

気持ちが前に向いていく言葉ですね。

直接言うのが恥ずかしければ、心の中で祈るだけでも素晴らしい効果がある。

・他者に愛のある言葉を使うためには、
まず自分に対して愛のある言葉を使うことだ。

心が疲れているのは、自分を愛し足りていない証拠だ。

人は、うまくやれない自分、期待に応えられない自分をいつも責めている。
心が疲れていると感じたら、自分に対して言おう。

「私を許します」と。姿勢と表情を正し、何度も言ってみよう。
心が楽になるのを感じる間で、言い続けよう。

この自分に発する言葉については明日も続けます。
「私を愛します」です。
posted by 嘉藤 真弘 at 09:27| Comment(0) | その他