2018年10月14日

P.S.4

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの輝きに変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

皆さんも同窓会に参加することありますね。
久しぶりに会って、これまでどうしていたのか語ったりしますね。

昨日は、「蛻変」ということばを借りて、
どのように自分が変化を遂げてきたのか、
語る機会と提案しましたが、

本当に大切なのは、これからのこと、
60歳を過ぎてなお、これからどうのように生きるのか?
どのように自分たちを活かしていくのかが大切に思います。

人生100年時代ともいわれていますが、そうすると今は、
いわば時半ばです。
これからまた何かがはじまると言ってもいいでしょう。

現役で、新築、あるいはリフォームの営業をされる皆さんからすると
60歳という年齢はまだ見えないかもしれませんね。

私がそうでしたから当たり前です。

私の年代の皆さんはどうでしょうか?
60歳過ぎの今の年齢で何を思い、これから何をしていくのでしょうか?
どんな行動にでるのでしょうか?

どこに向かっていくのでしょうか?
私たちだからできること、きっとありますね。
新しい「蛻変」が待っています。

同窓会!
同期の皆さんと、
そんなことを一緒に考えることができると本当にいい会合になりますね。
posted by 嘉藤 真弘 at 05:01| Comment(0) | その他