2018年09月09日

Weapon16

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」Kikukikuseminar
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、「言葉にできるは武器になる」梅田節の続きです。

「人を動かす」から「人が動く」へ
つまり、言葉が響けば、人は自然と動き出す。

「内なる言葉」に意識を向け続ける習慣こそが重要であると言い切っています。

無意識だった内なる言葉に精神を集中させて鍛えていくという行為は、
筋力トレーニングという似ているところがある。

筋トレを行う際には、
今自分が使っている筋肉に意識を向けることで
効果が格段に上がることが証明されており、この関係性に非常に近い。

もしも鍛えようとしてる筋肉に意識を向けないでいると、
鍛えようとしている部分以外の筋肉が支えてしまったり、
勢いや反動をつけることでトレーニングをこなすように体が動いてしまう。

その結果、
トレーニング効果が薄くなってしまうことが、英国心理学会によって報告されている。
ある特定の部分の筋肉を鍛えるためにダンベルを持ち上げているにもかかわらず、
ダンベルを持ち上げる行為そのものが目的になってしまうのだ。

「今自分はこの筋肉を鍛えている」と意識し続けることが、
その部分のみの伸縮に注力することを可能にし、結果的に、効果を最大化する。


良いですか皆さん!?
「内なる言葉」に意識を向け続ける習慣です。

習慣は「やる気」「知識」「スキル」で成り立つのでしたね。
梅田氏はしっかりとその「知識」に部分を披露されているのです。
その次に「スキル」と続くはずです。

いましばらくお付き合いください。
posted by 嘉藤 真弘 at 05:08| Comment(0) | その他