2018年07月17日

rakumo5

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」Kikukikuseminar
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

昨日まで、rakumoについて語りました。
あくまで、主体的に活用してこそのツールです。
報告をするためにでは、意味がないのです。

フレックスタイム制度では、
人事部長が「rakumoへの入力徹底」
つまり、自分のスケジュールを発信することの大切さを強調していますが、
何よりも大切なのは、自分で自分を管理することです。

「働き方改革の目的」は何でしたか?
「より効率的に、生産性高く働く」です。

「残業削減」「経費削減」ではないのです。
「健康管理」なのです。

むしろ、
有休休暇取得を推進するために、
有休は、
期初にまとめてスケジュール入力するくらいがいいのではないでしょうか?

「より効率的に、生産性高く働く」
ことをご自身でしっかりと考えて行動することです。

会社の制度は、上手に活用するのですが、
結果を出すのは、皆さんひとり一人です。
自分にできることに集中して取り組むことです。

それが、皆さんの「働き方改革」です。
posted by 嘉藤 真弘 at 05:13| Comment(0) | その他