2018年05月19日

A.l.6

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」Kikukikuseminar
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

今日も、大和言葉について、お伝えします。
昨日は、
皆さんにとって身近な住まい、家や部屋についての大和言葉をご紹介しました。

・門口で
・上がり口
・引き戸
・扉
・湯舟
・厨(くりや)
・厠(かわや)
・床をとる
・寝間

「門口で」について、詳しくご説明します。

高橋氏の「日本の大和言葉を美しく話す」から引用します。

「門口」は「門のあたり」を指す大和言葉です。
門扉のある家の住民と小用で訪れた人が、門扉で会話、
あるいは門扉を挟んで会話、
あるいは門扉を開いて物を受け渡し、用事を終える、
というのはよくあること。

でもこの位置をどう言うかはけっこう難しく、
「門前で」は不正確だし
「門のところで」は締まりに欠けます。

「門口」を使えば、
「門口で立ち話をした」
「門口で荷物を受け取った」のようにさらりと表現できるので、
ぜひ使ってみてください。

もう少し、引用すると、

「かど」は門を意味する大和言葉です。
おそらく、道の曲がり目をさす「角」と発音は同じで間違いやすいからでしょう。

敷地の入り口については漢語の「門」を使う習慣が定着し、
「かど」が単独で使われるのは、
「笑う門には福来たる」ということわざの中くらい。
でも、正月に門前に立てるのは「門松」。
志を抱いて家を出るのは「門出」です。

「笑う門には・・・・」のことわざが示すように、
「かど」は家や家族を意味することも
あります。

皆さんいかがですか?
大和言葉って私たちの生活の習慣の中で育ってきたことが
感じられますね。

さらに明日、続けてみます。
posted by 嘉藤 真弘 at 15:49| Comment(0) | その他

2018年05月18日

A.l.5

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」Kikukikuseminar
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

今日も、大和言葉について、お伝えします。
皆さんにとって身近な住まい、家や部屋についての大和言葉をご紹介します。

こうした日常的な事柄も、
大和言葉で表現されるとまた違った趣を感じられるでしょう。

私は、38年の住宅メーカーでの仕事を通して、
「住居」
「住宅」
よりも
「住まい」という言葉をずっと使ってきました。

「住まいづくり」という風にです。

「住まい」は動詞「住まう」の名詞形です。
「住居」は当て字です。
「住まう」は「住む」に継続を表わす助動詞「ふ」がついて生まれた言葉です。
「住み続ける」ことを表わしています。

「住まい」が
「住居」や「住宅」よりも安らいだ雰囲気を持つのはそのせいなんです。

高橋氏は
「住居は、人間がその生命を雨風から守るために築く砦ですが、
私たち日本人の心の奥には、その砦も大地や自然から
「分けてもらっている」感覚
があるように思います。」と言われています。

分かるような気がします。

さて、家や部屋にまつわる大和言葉はいくつか思い浮かびますか?

・門口で
・上がり口
・引き戸
・扉
・湯舟
・厨(くりや)
・厠(かわや)
・床をとる
・寝間

結構あるものです。
それぞれの意味は皆さんわかりますね。

明日また続けます。
posted by 嘉藤 真弘 at 16:43| Comment(0) | その他

2018年05月17日

A.l.4

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」Kikukikuseminar
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

今日も、大和言葉について、お伝えします。

昨日は「ようこそお運びくださいました」、
お客様をお迎えする感謝を込めた使い方をご紹介しました。

「もてなし」とは、
日本が誇るべき精神として、心を伝えるフレーズです。
ぜひ、モデルハウスで使ってみてください。

以下の言葉も参考にしてください。
・お待ちしていました
・お上がりください
・ごゆるりと
・お心置きなく
等はどうでしょうか?日頃から使っていますね。

「もてなしとは、自分の趣味、生き方、相手への思いなどを、
丁寧に、正直に表現し、両者の心の間で響き合う何かを見いだして、
その喜びを共有することです」

コミュニケーションです。

「お客様と深く知り合ったとき、
いったい何が響き合うだろう?という期待と好奇心が、
心からのもてなしを生むのです」

大和言葉を少し意識して、使ってみてください。
何が響き合うでしょうか?

明日も続けます。

posted by 嘉藤 真弘 at 13:11| Comment(0) | その他