2018年04月11日

Trust relationship4

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」Kikukikuseminar
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。
さて、昨日は、「7つの習慣」での
「信頼残高をつくる六つの大切な預け入れ」

1.相手を理解する
2.小さなことを大切にする
3.約束を守る
4.期待を明確にする
5.誠実さを示す
6.(信頼残高を)引き出しをしてしまったときは、誠意をもって謝る

以上なのですが、
すべて「打合せ記録」作成の手順になっていることをお伝えしました。

今日は少し見方を変えます。

「打合せ記録」は単に「打合せ記録」を作成することではない!
ドラッカーの「レンガ職人」の話と同じです。
「打合せ記録」作成は「志」で作成しているのです。
家づくりという枠ではなく、社会に貢献している行為そのものなのです。

「本気の矢」を射ることで、
自分の時間と仕事をコントロールしているのです。
「時間割」に落とし込まれて、時間管理がはじまり、健康管理もされているのです。
「目標・夢」「時間」「健康」とつながっているのです。

また、「本腰の矢」を射ることで、
仕事にイニシァティブが生まれていることに気づかれましたか?

主導権を握ることで、仕事が楽しいものに変わっているのです。
ストーリーをつくっているのです。
それでこそ、差別化のできている「打合せ記録」です。
さらに、会社としての情報の共有化がされるのですから、
成約率も高まることでしょう。

以上のようなことも、次回の神戸での研修では話してみたいものです。
つまり、人生での大切な「7つの価値」との関係にも言及します。

さて、
今日はこれから千葉:稲毛海岸にあるホームコンポーネント工場に
今年入社したframerの皆さんの導入研修に立ち会ってきます。
今日は、午前は座学ですが、午後から立て方実習です。
はじめての実習に取り組む姿を見て、
今後の私の研修に活かそうと思っているところです。