2018年04月27日

Nosmoke4

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」Kikukikuseminar
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、今日も「チャンピックス」の話を続けます。

それでも、禁煙をはじめて一週間から10日くらいはつらい時期となります。
そうです、吸いたくなるんです。

そんなときに大切なのは、なぜタバコをやめようと思ったのか、
その理由を思い出すことです。
何を実現しようとしたとか?思い出すことが解決してくれます。

また、タバコを吸いたくなった時の対処法として、
ノンアルコールドリンク、氷などを口にすることがありますが、
ビールでも飴でも、タバコを我慢できるのであればそれに越したことはないでしょう。

そうした努力をしばらく続けると、効果が見えてくるんです。
そうすると、しめたものです。

息に含まれる一酸化炭素濃度のことは、すでにお伝えしましたが、
いろいろな効果が期待されます。

・咳やたんが減った
・呼吸が楽になった
・息切れしなくなった
・目覚めがさわやかになった
・肩こりがなくなった
・食べ物の味がよく分かり、おいしく感じる
・胃の調子が良くなり食欲が出てきた
・肌の調子が良くなった
・口臭がしなくなった
・声が出やすくなった
・歯みがきの時の吐き気がなくなった
・衣服や部屋がタバコ臭くなくなった
・たばこ代を節約できた
・やればできるという自信がついた
・他人に不快感を与える心配がなくなった
・火事の心配がなくなった

こんなにあるのですが、
一番は、「他人に不快感を与える心配がなくなった」ではないでしょうか?
これまで、タバコを吸っていた時期はわからなかったことが、わかるようになるのです。
禁煙していると、
他人のタバコ臭さがわかって、こんな迷惑を掛けていたのかと自覚できるのです。

さらに、タバコを吸うために席を外すことがなくなりますので、
仕事が中断することもないのです。
喫煙ルームのコミュニケーションは言い訳に過ぎないことがわかるのです。

タバコを未だに吸っている皆さん!禁煙にチャレンジしましょう!
明日まだ続けます!!!
posted by 嘉藤 真弘 at 09:12| Comment(0) | その他

2018年04月26日

Nosmoke3

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」Kikukikuseminar
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、今日も「チャンピックス」の話です。
チャンピックス服用にあたり、12週間その間計5回通院します。

チャンピックスの処方だけではなく、息に含まれる一酸化炭素の濃度の測定や、
医師からのアドバイスを受けることができます。

一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質です。
禁煙により、息に含まれる一酸化炭素濃度が短時間で減少しますので、
測定結果を記録しておくと禁煙の効果を実感できるのです。

病院によっては、
一酸化炭素濃度が減少していると、看護師さんが集まってきて
「良く頑張りました!」と励ましてくれる場面もあるそうです。

やはり、通院する事でのメリットが大きいと思うのです。

禁煙治療から9か月後も禁煙を続けている人の割合ですが、
禁煙治療を受けた回数別で表わすと、

初回で中止 6.5%
通院2回で中止 15.9%
通院3回で中止 24.7%
最終診察完了 49.1%

となります。

禁煙治療を受けた回数が増えるごとに禁煙に成功しているのです。

12週最後まで受診した人では、49.1%ですので、
二人に一人が禁煙していたことになるのです。

それでも、半分なのか?と思われるかもしれませんが、
それだけ、禁煙することは、大変なのでしょうか?

何が禁煙を妨げるのか?
明日続けます。
posted by 嘉藤 真弘 at 09:31| Comment(0) | その他

2018年04月25日

Nosmoke2

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」Kikukikuseminar
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

昨日から「チャンピックス」の話をしています。
禁煙のための飲み薬のことです。

禁煙開始予定日の一週間前から、チャンピックスを服用し始めます。
1〜3日目 0.5mg錠1日1回 食後
4〜7日目 0.5mg錠1日2回 朝夕食後
8日目〜   1mg錠1日2回 朝夕食後 
服用して8日目から禁煙です。そこからさらに合計12週間
服用します。

この飲み薬を服用するにあたっては注意することがあります。
特に問題となるのは、服用後は、めまい、眠気、意識障害等の症状が
あらわれ、自動車事故に至った報告があることです。
ですから、事故を防ぐため、
自動車の運転など危険を伴う機械の操作はできないのです。

仕事中に移動のために自動車を運転する方は、
電車またはバスなどに交通手段を変えることが必要です。

さらに、副作用についてです。
吐き気、頭痛、上腹部痛、便秘、お腹のはり、普段と違う夢を見る、不眠等
が報告されています。

ですから、12週間服用を続けるにあたっては、
主治医と相談しながらという二人三脚が好ましいのです。

二人三脚には、こうした問題に対しての対応ばかりか、医師からのアドバイスも
受けられることが禁煙へのサポートになっていると思います。

明日続けます。
posted by 嘉藤 真弘 at 10:48| Comment(0) | その他