2020年05月27日

How to speak 29

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、私の主催する研修での具体的なワークについて、
今日はお届けします。

実際に行っている内容そのままです。

【ワーク1】
■「話すとなぜか気持ちいい」営業マンの心がけていること
・「あ、歓迎されているな」「この人となら楽しく話せそうだ」と思ってもらえるか?
→ やわらかい気持ちで、目と目を合わせる 
→ お互いに「よろしく」の意思表示 
→ 視線と笑顔
→ 道を聞かれるような人になること!

・第一印象:0.1秒(「好感が持てそうだ」「信頼できそうだ」)
→ 挨拶する前に決まっている
 → 挨拶する前の表情をつくっている
 → ご機嫌よし!

・自然と「それいいですね!」の気持ちを声に出すことができる
 → 「私はあなたに関心があります」

・質問の答えが必ず「はい」から始まる
→ 聴感上、まずは発言を受け入れたことが印象となり、
お客様は気持ちいいのです。明るく前向き!

・セールストーク
→お客様の喜びそうなものを探す!お客様に有益な情報は何だろうか?

【ワーク2】
■「明日、あのお客様と会う」ときに営業マンのしていること
・第二印象:「とりあえずの一品」おもてなしのひとつ
:話題の提供(お客様の好きだと言っていたもの)

【ワーク3】
■「20秒自己紹介」(現在→過去→未来)作成・発表・録音(ボイスメモ機能)
・早口言葉と音読の習慣:自分の声を磨く
・自己紹介 → 名前で呼び合える関係
 → 自己紹介後、必ずお客様の名前を呼ぶこと

【ワーク4】
■「また会いたい」と言われる営業マンに共通していること
・打合せ記録作成:お客様への信頼感
・気配り上手:打合せは全員参加できるような心配り

【ワーク5】
■「姿勢」をつくる
・姿勢「頭の上についた一本の糸で天井から吊るされているイメージ」
身体と心と声はつながっている

以上の5つのワークです。

イメージできるのではないでしょうか?

根本にあるのは、好かれたい、好きになりたいという、
人間関係の原則なんです。

ワークを通して気づくのです。
行動が変わるのです。


posted by 嘉藤 真弘 at 02:20| Comment(0) | 働き方改革

2020年05月26日

How to speak 28

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、これまでの「話し方」に対する発信はいかがでしたでしょうか?

話すことは、聴くことなのか?
パラダイムシフトではないでしょうか?

これまで、私は、
住宅業界での営業としての成果、(対:お客様)
企業としてのマネジメント、(対:主に部下・後輩)
を通して学んできたわけですが、

実は、人は、
好かれたい、好きになりたい本能を持っていると思います。

皆さんは、どのように思われますか?

その本能を満たしていくには、
そうなんです、聴くことが大切であると人はわかっているのです。
後は、実行するだけなんです。

コミュニケーションの基本は、
理解してから理解されることなんですね。

明日もこの課題続けます。
posted by 嘉藤 真弘 at 01:36| Comment(0) | 働き方改革

2020年05月25日

How to speak 27

ありがとうございます!
私の「聴く」が、あなたに「効く」
そして、それが、あなたの「輝き」に変わります。
「あなたの働き方改革コンサルタント」の 嘉藤真弘です。

さて、
相手に9割しゃべらせる「拡張話法」についてお伝えしてきましたが、
「また会いたい」と思われる人になるには、
どんな話し方が大切なんでしょうか?

私が自分の主催する研修でお話しすることは、
以下のとおりです。

「打合せ記録」作成・活用 研修プログラム

■作成遍(30分):型を学ぶ
・ゴール:「打合せ記録」を信頼のアピール・シートに
・問題提起:「打合せ記録」をクレーム予防と考えていませんか?
・第一の矢(本気):「次回のお約束」
・第二の矢(本腰):「打合せ記録」は展開と反映の記録
・第三の矢(本物):「お客様サイン」でファイル化
・「打合せ記録 三本の矢 本気・本腰・本物」でお客様を射止める

■活用遍(30分):志で作成する
・アポイントのとり方
・信頼をいただく記載上のコツ
・「あなたは何をしているのですか?」
・「打合せファイル」の共有化

【ワーク1】(30分)
・「打合せ記録」の作成・活用の実際(第一の矢〜第三の矢)

「話し方」研修プログラム

■営業としての話し方(30分)
・「お客様の心に言葉を置きに行く」には?

■いい空気を一瞬でつくる(60分)
【ワーク1】
・「話すとなぜか気持ちいい」営業マンの心がけていること
【ワーク2】
・「明日、あのお客様と会う」ときに営業マンのしていること
【ワーク3】
・「また会いたい」と言われる営業マンに共通していること

永松氏のお考えと根本は同じかなと思うのですが、
皆さんはどのように感じますでしょうか?

少しずつ紐解いていきましょう。
posted by 嘉藤 真弘 at 00:31| Comment(0) | 働き方改革